読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はらぺこ女子の食べ歩き紀行

2016年ANAのSFC修行を解脱!飛行機大好き!食べること大好き!な女子による美味しく楽しい飛行機ライフ!

んみゃーち、宮古島!①弾丸旅行一日目

先日、宮古島へ行ってきました。

 

旅割75でゲットした片道10000円の超お得チケット。最低価格片道10000円を購入するため、今回は日曜日出発の1泊2日という超弾丸で行くことにしました。

 

また、沖縄の離島はこれが初めて。

やっぱり観光も楽しみたい!!ただ、ひとり旅。

さらに、車も運転できない!(ペーパードライバーの為)

どうなる、宮古旅行!?

 

羽田から宮古への空の旅

南の島!沖縄本島はいったばかりだけど、やっぱり気持ちが高まります!

第二ターミナルに早めに到着してしまいました。

何時も早めに到着すると上のフードコート?のデッキに行きます。

開放的で好きなんですよね。カウンター席がお気に入りです。

 

電光掲示板も目の前にあって、他便の空席情報なんかを勝手にチェック。

あとは上から人間ウォッチングをしたり、意外に楽しいです(笑)

でもGW明けなので、もうだいぶ空いていますね。

 

今回は普通席なので、空港で早めのランチを頂くことに。

私はよくケバブ屋さんやうどん屋さんに行くことが多いのですが、今回は気分で

韓国料理!プルコギビビンバで腹ごしらえ。

韓国料理なら宮古できっと被ることはないだろうし。

かなりボリュームがあって満腹になりました。

 

ラウンジにも当然入れないので、しばらくデッキでぼーっとします。

でもやっぱりこの場所はこの場所で結構好きです^^

 

搭乗口は、割と近かったはずだったのですが、ちょうどデッキで休んでる頃に

メールで搭乗口変更のお知らせが。700…!バスゲートです。

久々のバス。LCCで乗って以来かも(笑)

というわけで、少し早めにゲートへ到着します。気持ちが高まります!

 

バスから降りて、徒歩で飛行機へ向かいます。

こういう風景が見られるのは、バス便の特権ですね。天気も良かったです。

 

飛行機はほぼ満席。

B737でいつもより小型の飛行機でした。

宮古までは約3時間。私は、あんまり乗り物の中で眠れないほうなので、正直暇でした。。前日に買ったガイドブックの予習なんかをして過ごしました。

やっぱり那覇より先ってのは結構長いです。

 

あ、あと機内でこんな冊子をもらいました。クーポン冊子ですね。

でもちょっとこのマジ!ってのは謎だな・・・。。

 

途中でハーゲンダッツの販売が始まりました。

あまりの暇さに耐えかねて?、購入してしまいました。笑

ハーゲンダッツはやっぱり安定の美味しさです。

 

私は飛行機は絶対窓際派。

空からの景色を見るのが好きなんです。沖縄への空の旅はそれはそれは美しかった!

今回は画面にフライトマップが移されているので、それと機内誌の地図を照らし合わせながら、アイランドウォッチング開始です!

 

徳之島を越えた後、エメラルドグリーンの美しい島を発見!

本当に一部が蛍光色のブルーなんです…!美しすぎる。

いったいここは、どこなんだ…。。。気になります。

 

地図をチェックしてみたところ、地形と位置からこの伊平屋島ということが判明!

沖縄北部から船が出ているようです。

思いがけず、空の上から次に行きたい島を発見してしまいました。

 

NAVERまとめにも、隠れた楽園として紹介されています。気になる…。

matome.naver.jp

  

そしてそんな綺麗な海の色を眺めているとあっという間に宮古が近づいてきました。

飛行機からの景色だけで、高まります・・・・・!

本当、この世のものとは思えない色。沖縄本島でも十分綺麗と思っていましたが、

離島の海はまた全然違うんですね~~~。

 

 

祝!宮古島上陸!!

そして時間通りに宮古空港へ到着しました。

地方空港、さすがにこじんまりしていてすぐに出口です。

出口を出ると、宮古島まもるくんがお出迎えしてくれます。

(やっぱり、写真通りちょっとコワイw)

 

空港のターミナル入口はこんな感じ。

花が沢山あって、南国に来たなぁと思わせてくれます。赤レンガがまたよいです。

 

宮古時間を感じて

さて、ここからはタクシーで予約していたゲストハウスへ向かいます。

大分辺鄙なところにあったので、前もって地図を印刷して持っていきました。

私「あの、ここにいってほしいんですけど」

タクシーのおじさん(以下、タ)「ん?ん~~~??」

私(大丈夫かな・・・)

タ「うん、わかりました。多分○○のあたりかなぁ」

私「よろしくおねがいしまーす」

 

<数分後>

 

タ「たーぶん、このあたりじゃないかなぁ。近くまで行ったら聞いてみるからねぇ」

私「ハイ。お願いします。」

タ「ちょっとまってて~。聞いてくるね~。この家はね、議員さんがいてねぇ~。(しばし議員さんの説明)」

 

 (タクシーを降りる。私取り残されるw 「お~い、○○さーん」という声)

  

タ「あ、そっちをまっすぐいって右だって~」

私「ありがとうございます」

 

<数分後>

 

タ「あれ、このへんじゃないかなぁ~。ちょっと待ってて-。そこの家に聞いてくる」

 (再び、私取り残される②)

タ「そこの角左だって!」

 

と左に曲がったらすぐに発見。笑

もう既に宮古島ののんびりした空気と人の良さに触れられたような気がします。

 

車もゆっくり。だーれも急いでいない。

全ての時間がゆっくり、ゆっくり流れている。

 

砂山ビーチへ散策へ

お天気も良かったので、観光スポットである砂山ビーチへ。

砂山ビーチの近辺は本当にのどかな場所で、農家のおじいくらいしかすれ違いませんでした。

 

砂山ビーチ入口。

 

名前の通り、ものすごい砂山を登って行かなければならないビーチです。

足が砂に埋まるので、ビーチサンダルなど汚れてもいい靴でいくのをお勧めします。

 

そしてこれがよくガイドブックで見る、砂山ビーチの風景。

この岩山が特徴的です。

 

ビーチでは木陰に座ってぼーっとしてみたり。

貝ひろいしてみたり。本当にきれいだなぁ。

 

太陽の当たり方で、海の色は変化していきます。

やっぱり昼間の快晴の天気が一番、海の色がきれいなんだそう。

 

岩の内側から見るとこんな感じ。

夕方は、岩の中を夕日が沈んでいく風景を眺められるみたいです。

今回は時間がないので、夕陽までは見られなかったけどきれいなんだろうなぁ。

 

夜はやっぱり島唄が聞きたい!

夜ご飯。

宿の周りには何もありませんし、平良市街へ出ないと飲食店はありません。

まぁ、一人でふらっと宮古そばでもよいかなと思っていたのですが、たまたまゲストハウスで一人旅の女性と一緒に夕飯を食べに行くことになりました!

 

今回行ったのは、こちらの島唄居酒屋「和おん」さんです。

tabelog.com

 

入口も赤瓦とシーサーで沖縄っぽさがでています。

ちなみにこちらのお店は、NHKドラマの純と愛の舞台にもなったようです。

 

ご夫婦で島唄ライブをやられています。

島んぬ宝、涙そうそう、島唄、海の声、ハイサイおじさん、Let it be など有名どころも歌ってくれましたし、伝統的な沖縄ソングも。

三線の音が心地いい~。島唄最高です…!

 

今回、頼んだお料理をご紹介。

 

①イカスミソバ!

色がギョギョ!としますが、少しガーリックが聞いていてイカスミパスタみたいな感じでとっても美味しかったです。食べた後はお歯黒にw

 

②宮古焼きそば

宮古そばを使ったヤキソバ。こちらはオーダーはしていなかったのですが、出てきたのでまさかのそば2連続でしたが、おいしくいただきました。

 

③ラフテー

うん、これはやっぱり安定の美味しさです。

 

④フーチャンプルー

お勧めされたのがこのフーチャンプルー。

沖縄と言えばゴーヤチャンプルーでしょ?と思いきやチャンプルーは色々な種類があるんですよね。卵や豆腐などなど。フーチャンプルーはその名の通り、ふわふわのお麩を使っていて、これもすごく好き^^

 

結局、のんびり飲んで食べていたら前篇、後篇ライブ両方聞いてしましました。

後半は地元の人もワラワラとやってきて、ジモティーな雰囲気でした(笑)

また、ライブの最後にはみんなでカチャーシーを踊って、沖縄らしい夜を過ごしたのでした。

 

2日目につづきます。