読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はらぺこ女子の食べ歩き紀行

2016年ANAのSFC修行を解脱!飛行機大好き!食べること大好き!な女子による美味しく楽しい飛行機ライフ!

んみゃーち、宮古島!②弾丸旅行二日目

宮古島2日目の旅の記録です。

前回までの記事はコチラです。

 

milkytiny.hatenablog.com

 

この日の帰りのフライトは15:25。

そしてお部屋でのんびりしてしまったためチェックアウトは10:00。

さぁ、この約5時間でどれくらいの観光が出来るのでしょうか。

そしてこの日は、朝からあいにくの雨。

ただ、オーナーによれば宮古の天気は予報は雨でも変わりやすいので、天気予報では雨でも普通に晴れていたりもするんだそう。

少しの奇跡に賭けて、チェックアウトし、観光へでかけました。

 

池間島へ

前日知り合った、一人旅女子と一緒にこの日も観光することに。

彼女も午後のフライトで関空へ帰るということだったので、大体観光できる時間も一緒。タクシー観光なので、2人だと費用も半額になります。

 

二人で10分程度話して決めたザックリコースがこちら。

①池間大橋

②伊良部大橋

③伊良部島のアイス&カフェ

 

と、ほんとにざっくりです(笑)

まずは、一番新しい橋である伊良部大橋は見てみたかったのです。

来間大橋は時間的に今回は諦めることに…。

 

宮古はこの3つの島が橋で繋がっているので離島(?)も気軽に行けます。

f:id:milkytiny:20160525220351p:plain

(島ガール:http://www.shima-girl.com/girlstyle/2159

 

今回は、でいごタクシーのおじちゃんにお世話になりました。

とってもおしゃべり好きで、いろんな観光案内&寄り道?をしてくれます。

「海中展望もいいんですよ~。行ってみますか??」って、迷ってたらいつの間にか向かっていました。笑

ちなみに海中公園は、海の中を覗ける海中観察施設があり、これはこれでとっても魅力的!なのですが、今回は2つの島を回るため時間がなく…。

f:id:milkytiny:20160525221150p:plain

折角寄ってくれたのですが、今回は入口の海を眺めるのみで、池間へ向かうことにしました。

また、この時間はお天気が持っていたのですが、午後から下り坂という予報だったため空が明るいうちに二つの橋を見たかったのです。

 

ここでは一枚折角なので、海の写真を撮影しました。十分な綺麗さ。

 

おじちゃんは、早く戻ってきたので驚いていましたが(笑)、事情を説明すると「そうだね!早く島へいこう」と宮古島では見たこともない速さで車を飛ばしてくれました。

 

そしてついに池間大橋へ到着。

空模様はギリギリだけれど、やっぱり海の透明度は素晴らしいです。

 

偶然、鳥が木に止まっていたので撮影することができました。

 

あちらに見えるのは、大神島。

 

地図で見た大神島の位置はこちら。

大神島は古くから神様の島といわれており、島の至る所に聖域があり無断で入ってはいけない場所があるんだそう。人口はなんとたったの50人。

タクシーのおじちゃんによると御年寄りばかりで、無人島になるのは時間の問題とのこと。

f:id:milkytiny:20160525222733p:plain

 

そして車で橋を渡ります。

あまり、車も通っていなかったので橋の中間で車を止めてくれました。

 

ちょうどそのころから、太陽の光が差してきて見たこともないような海の色に変化しました。

宮古の海は、天気と太陽の光で色がコロコロ変わるんです。

雨だと落ち込んでいた時には、こんな海の色が見られるとは思っていませんでした。

何色と表現すればよいのでしょう。

 

そして池間島へ到着。

タクシーのおじさんのお勧めのプライベートビーチがあるんだとか。

すると何もない草むらで車を止め、おもむろに草むらの方向へ歩いていきます。この先に道なんてないだろう、と思っているとそこには素晴らしいビーチが広がっていたんです!

 

海外のリゾートみたい…(~o~)

よーくみるとシュノーケルしてる人が2名います。ここにいたのは2人だけ。

いや~、贅沢ですな…。何もしないでボーっと眺めていたいです。

・・・と、時間が迫っているのでここにずっといるわけにはいきません。。。

やっぱり、宮古は時間に余裕を持ってこなければ、と思いつつ、タクシーへ。

おじちゃんによれば、池間島はこれといって何かみるものがあるわけではないらしい。

「一周回ってもいいけど、同じ景色がずっと続いているだけだよ~」と。笑

 

ならば、もったいないけど次!伊良部行きましょう!!!

 

伊良部大橋の先にあったものは…

次は伊良部大橋です!

が、かなり雲が黒く厚くなってきました(-"-)

何時雨が降り出してもおかしくありません。

 

こちらが伊良部大橋。

一番新しい橋ということで、やっぱりキレイですね。

ちなみに伊良部大橋は、中央が盛り上がっている構造(下写真)になっています。

一番盛り上がっている部分で写真を撮ると先の橋までキレイに収まります♪

f:id:milkytiny:20160525224915p:plain

 

橋を渡ると伊良部島へあっという間に到着~。

伊良部での目的のひとつは、アイスクリームです。一緒に観光した女子が前日も宿のオーナーに連れて行ってもらったという、手づくり黒糖アイスクリーム。

なんとこの超ローカル感ただよう、「シモジスーパー」で販売しています。

シモジスーパー | 宮古島BBcom | 宮古島唯一の月刊無料情報誌

スーパーというよりは、ローカルな商店っていう感じかな。

 

そしてありました、黒糖アイス!

タクシーの中でいただきました。この黒糖アイス、濃厚ながらさっぱりしていて本当に美味しいんです!しつこくない。

ただし、このアイス手作りの為遅い時間に行くと売り切れてたりするんだそう。

早めにいくことをお勧めします♪

 

そろそろお昼時ということで、ランチへ。

オーナーに聞いてきた伊良部島のカフェ、soraniwa カフェへ向かいます。

tabelog.com

 

もうこのころには雨がかなり降りだしていたので、ランチでちょうど良かったです。

こちらは、ホテルと併設したカフェになっています。

まだ築浅のためか、店内は清潔でとても綺麗です。

そしてカフェは吹き抜けになっており、2階からはこんな素敵な景色が。

晴れていればとってもきれいなんでしょうけどねぇ…(@_@;)

 

外の看板で気になった、宮古牛ハンバーグを注文しました。

店内の雰囲気とはまた違って、ハンバーグのお供は意外にご飯とみそ汁っていう日本的な感じ。これはこれで、私は好きです。

宮古牛のハンバーグは肉汁たっぷりでやわらかくジューシー。甘くスパイシーなソースでした。これは何ソースなんだろう。

美味しくいただきました。ごちそうさまでした!

 お昼時には満席になっていたので、オープン直後にいくのをおすすめします。

 

soraniwa hotel and cafe

住所:沖縄県宮古島市伊良部字伊良部721-1

電話:0980-74-5528

営業時間:11:30~18:00(17:00 L.O.)朝食とディナー利用はホテル宿泊者のみ

定休日:水曜日・木曜日

 

タクシーこぼれ話

観光スポットはそれはそれで楽しかった。だけど、この度ではタクシーのおじちゃんとの会話もすごく面白かった。いくつかこぼれ話を紹介します。

 

①宮古島まもるくん

まもるくんは、宮古島に18人の兄弟(!)と一緒に島の交通安全を守っている。

f:id:milkytiny:20160525231803p:plain

まもる君たちには、ちゃんと「異動」というものも存在する。事故の少ない場所から事故の多い場所へ異動するらしい。

これが異動式の様子(2015年5月)。警察官の方が気になる・・・。

f:id:milkytiny:20160525231935p:plain

さらに、まもるくんは今年2月身を挺して人命を守ったとニュースになりました。

【宮古島】2日午前11時すぎ、宮古島市平良下里の交差点で、普通自動車と軽自動車が出合い頭に衝突。軽自動車が歩道に乗り上げ、交通安全啓発の警察官型人形「宮古島まもる君」に接触後、停止した。軽自動車の2人が軽傷を負ったが、宮古島署の署員は「まもる君がいなければ大事故につながった可能性があった」と胸をなで下ろした。

タクシーのおじちゃんは、この場面をちょうど目撃していたんだそう。

まもるくんも救急搬送され、手術ののち、現在は回復して業務に戻っているらしい。

まもるくんの話を聞いて、どんどん気になる存在になってしましましたw

 

②大型クルーズの寄港

宮古島、到着してみてあまり外国人が多くないなという印象でした。割とどこの観光地でも中国人がかなりいたりするのですが、ここではほとんど見ませんでした。

ところが、2日目は明らかに外人(アジア系)の集団が多い。

なぜか? これは、大型クルーズ船が宮古島に寄港するからなんです。

f:id:milkytiny:20160525232539p:plain

タクシーの運転手さんによれば、月曜日は台湾人、火曜日は中国人がクルーズで寄港するらしいのです。その数1500名!!こんな小さな島にそれだけの人たちが観光していればそれは、多く感じそうですよね…。

ただ、宿泊はあくまでクルーズなので船ということでホテルがとれなくなるという心配はないようです。

旅行の日程を立てるのには、考慮しておいた方が良いかもしれません。

 

マンゴー農園のスイーツ!

と、話を戻して。

二日間旅を共にした、女子はフライト時間が早かったのでカフェでご飯を食べて平良市内でお別れをしました。楽しい旅をありがとう~~!

 

またここで一人旅に戻ります。

とはいっても、私もあと2時間程度の時間しかありません。まだ、お土産を買っていなかったので市内でお土産さがし。

 

バナナケーキで有名なモンテドール本店へ。

こちらがバナナケーキ。

本店にはマンゴーケーキやサツマイモケーキなど色んなバリエーションが売っていました。また、簡易包装版のお得なケーキもあるので空港でも売ってますが、時間があれば本店に立ち寄ることもお勧めします。

f:id:milkytiny:20160525232827p:plain

 

 

いよいよ残り時間は一時間半。

空港へ余裕を持っていくこともできたんですが、どうしても食べたかったマンゴー農園にタクシー飛ばしていくことに!

 

マンゴー農園が経営しているカフェ、すくばりテラスへ。

tabelog.com

 

空港からは10分程度なんですが、本当に畑の中にあるカフェ。

というよりは、農園にカフェを作っちゃいました、みたいな感じ。

 雨でも屋根があるのでだいじょーぶい~!

 

開放的です(笑)

 

マンゴージュース、プリン、パフェ、かき氷などなど色んなメニューがあるのですが、

やっぱりプリンとジュースは飲んでおきたいよね!てことでこの2つを注文。

すると、なんと1日先着10名はプリンとジュースのセット「すくばりセット」で注文できます。これが、、、なんと500円!!!(安!!!)

 

こちらがすくばりセットです。コップや食器もお洒落。

 

まずはマンゴージュースを一口。

「う、うわ!!」思わず声を出してしまうほどの美味しさ。

ものすごく濃厚なんです。千疋屋のジュースで一杯1000円近くしてもおかしくないわ。。

しかもこの氷もマンゴーの氷なんで、とけても薄くならないんです…!!

 

プリンもこのマンゴーソースがものすごく濃厚で甘いんです。

冷えたプリンものど越しが良くて本当に美味しい。

 宮古に旅行に行ったら、このジュースは毎日飲みにきてもいい!

そう思えるくらいに感動的な美味しさでした!宮古に訪れた際はぜひ訪問してください!

※ちなみにマンゴーの果実自体の収穫は6月中旬頃~だったようです。次回はマンゴーの時期に生のマンゴー食べにリベンジしたいです。

 

すくばりテラス

住所:沖縄県宮古島市平良東仲宗根添1210−1

電話:0980-73-1307

営業時間:10:00~18:00

定休日:火曜日

 

宮古空港から羽田への空の旅

もう、昨日到着したばかりの空港です。時間が過ぎるのは早いですね。

 

宮古空港。思っていたよりもお土産屋さんもありました。吹き抜けが開放的です。

 

この時間帯は那覇や他の離島への便が遅延していたりで、待合室はかなりの混雑。

そして、いよいよ羽田便の搭乗時刻。

 

帰りはあまり写真をとっていませんが、帰りの飛行機がスターアライアンス塗装のB737でした。ウィングレットにANAのロゴが。初めて見ました。

そうしてこの後は、疲れたのか深い眠りについていたのでした。。。

 

 

そして、こちらが今回の戦利品です。(食べ物ばかりですが)

モンテドールのバナナケーキとまもるくんそば。

おそばはまだ頂いていないので、食べるのが楽しみです。

 

ということで、宮古旅行終了~~!

この宮古旅行で、初のブロンズを取得することができました。

かなり弾丸で忙しい旅でしたが、自分なりに充実した旅ができて満足です。

そしてこの帰りの日、沖縄が梅雨入りしたというニュースが。

ギリギリ、お天気の宮古を楽しむことが出来たのでラッキーだったのかもしれません。

 

宮古島、人も温かくて、ゆったりとした雰囲気が大好きになっちゃいました。そしてひとりでも全然楽しめた!次回は、マンゴーの季節に訪れたいと思います♪