読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はらぺこ女子の食べ歩き紀行

2016年ANAのSFC修行を解脱!飛行機大好き!食べること大好き!な女子による美味しく楽しい飛行機ライフ!

沖縄へのリベンジ修行!!①羽田空港散歩とアップグレード体験

先週は、某航空会社の事故により、私の修行&ステーキの予定がパーになってしまいました…(T_T) 詳細は過去記事をご覧ください。

 

milkytiny.hatenablog.com

 

日を追うごとに、フツフツと沖縄リベンジの熱が…!!(写真は前回の沖縄)

そしてついに、リベンジ修行の時がやってきました!!!ヽ(^o^)丿ヤッホーイ

f:id:milkytiny:20160516224608j:plain

 

 まずは、運行状況の見通しをチェック。

最近、自分の搭乗便の欠航率が高くて、若干トラウマ気味なのです。。。今回の搭乗日を確認した結果、那覇は、何も注意書きがなかったのでひとまず安心。

www.ana.co.jp

 

今回は、初の休日の那覇日帰りです。

 

アップグレードを体験したい!

今回は、旅割75セールでゲットした8900円のチケットです。ここで、当日アップグレードを狙ってみます。プレミアムクラスの利用は、これまでP旅割28利用が多かったんで普通席からのアップグレード体験は初です。

 

しかし、今回は休日の羽田⇔那覇ってことで難易度的には結構高め。

例えばこちらは、6月11日(土曜日)の羽田→那覇のプレミアムクラスの空席。ご覧のとおり、殆ど満席です。若干微妙な土曜の遅い時間帯ならチラホラ空きがある程度です。那覇便は飛行時間も長く、お得感もあるためか?プレミアムクラスは人気です!

f:id:milkytiny:20160604225659p:plain

 

でももちろん、当日キャンセルもありますので諦めてはいけません!

プレミアムクラスが既に満席の場合は、キャンセル待ち(空席待ち)となりますが、当日、その時点で空席があれば空港のカウンターでアップグレードしてもらえます。

ワーキングママさんのブログで、アップグレードについて分かりやすく解説されていますのでご参考に。

ana2016sfc.hatenablog.com

 

そして、この記事で初めて知ったのが同日のアップグレードは、どこの空港でもできる!ということ。つまり、日帰り(同日に搭乗)であれば、羽田空港で帰りの便もまとめてアップグレード可能なんです!完全に出発空港でしかできないと思っていました。

 

そんな私もアップグレードを狙って、かなり早めに空港へ到着しました。

電車の中で空席をチェックしていると、私の予約している午前便と夕方便両方とも1席空席が出てるではないですか!これはうまくいけば両方アップグレード!?

 はやる気持ちを胸にダッシュでチェックインカウンターへ向かいます。ちなみにプレミアムクラス希望の場合もプレミアムチェックインカウンターが使えますのでプレミアムチェックインカウンターへ。

f:id:milkytiny:20160604230046p:plain

 

そして、初めてのアップグレードの申請を!

私とANAスタッフ(以下、A)のやりとりになります。

 

私「本日の往復でプレミアムクラスが空いていたらアップグレードをお願いしたいのですが。。」

A「お待ちください。まずは行きをお調べします。行き、1席ありますね!」

私「(心の中の声)ヤッターーー!初めてにして成功…!!\(^o^)/」

A「お支払はどうなさいますか?」

私「カードでお願いしますっ!」

A「かしこまりました。」

私「ホッ・・・」

A「(!)申し訳ございません…。タッチの差で満席になってしまいました。」

 

!?!? ガーーーーーン(@_@;)!!!!!

 

なんでしょう、この持ち上げられてズドンと落とされる感覚。

でも、もちろんスタッフの方が悪いわけではないので、仕方ないのですが。

 

A「空席待ち整理券を発行いたします。また、帰りの便もお調べしたところ同様に満席でございます。帰りも同様に那覇空港で空席待ちをしてください。」

 

ということで、一気に往復アップグレードの希望が一瞬のうちに散ってしまいました。

アップグレードは本当にその日の運とタイミングにかかっていますね。

でもまだまだ希望がないわけではないので諦めませんよ~!

 

初めての空席待ち券です。種別がAになってるので少し可能性は上がるかな。

f:id:milkytiny:20160605172512p:plain

 

朝の羽田空港散歩

あまりにショックで(笑)、まだ1時間半もあるのに制限エリアに入ってしまいました。アップグレードが成功していれば、ANAラウンジでのんびりできたんですが、さてどうするか。いつもならラウンジに浸りっきりになってしまうところをあえて、制限エリア内を散策することに決めました。

 

何気に羽田空港第二ターミナルって広い。

一番右端となる、Dゲート寄りの68番搭乗口まで、Aゲートから14分。そして一番左端の51~58搭乗口まではAゲートから6分。

ということは端から端までのウォーキングで片道20分!運動不足にはちょうどいいんじゃない?と、朝の空港ウォーキングを開始です。

ウォーキング目的なので動く歩道は使いません!なかなか、この中を散歩している人はいないんでなかろうか(^_^;)

f:id:milkytiny:20160604234007p:plain

 

まずは、入って、左側55番搭乗口側から攻めましょう。

といいながら、早起きで朝ごはん食べていなかったので早速朝ごはん。いつも、ねんりんやのバームクーヘンが食べたくなっちゃうのです。(ウォーキングの意味がない…)

アイスコーヒーで、スッキリ目を覚まします!

   

途中、ISETAN HANEDA STOREへ。

f:id:milkytiny:20160605173332p:plain

 

ハイセンスでラグジュアリーな商品が並んでおります。

そんなお高いものは無理なので、旅行グッズを眺めていたらテンピュールのアイマスクを発見!ちょっと高いけど、やっぱり眠り心地いいのかな。私乗り物で、寝るのが不得意なのでちょっと欲しくなりました。(が、今はお散歩なので我慢)

 

今度は、搭乗口入って右方面の68番搭乗口の方へお散歩。

 

途中のこの立ち食いお寿司屋さん。その名も「又こい家!!」

前からずっと気になっているんです。いつか食べてみたい。朝から寿司の方、結構いらっしゃいますね~!

 

食べログの評価も良さげ。

ただ、朝から寿司も食べられないのでこちらもまた次の機会に。。

tabelog.com

 

この空港散歩、結構楽しいんです。

動く飛行機を眺めるのもすごく楽しいんですが、電光表示板の行先を見ているだけでワクワク!この飛行機は、秋田行き、こっちは、福岡!こっちは伊丹!自分が搭乗するわけじゃないのに行先を見ているだけで妄想搭乗ができます(笑)

そして搭乗中の人々を見て、「あぁ、今から札幌行くのね。行ってらっしゃい!!」と心の中で勝手にお見送り。 

そんなことをしていたら、あっという間に搭乗15分前です。またまた、戻るのも遠くて一苦労でしたが、早歩きで本来搭乗すべき搭乗口へ到着しました。

 

沖縄へのフライト

空席待ちの電光掲示板を見てみると、Sが4名、Aが9名。そして私はA6。

こりゃ無理だ~~(^_^;)もちろんの事、惨敗でございました。今回は、前方席(7A)だったのであえて一番最後に搭乗してみました。別に荷物もなければ、優先搭乗せずにぎりぎりまでゆっくりするのもありかも。

 

前方席にもかかわらず、真ん中の列は全て空席でした。全体的にも空席がちらほら目立っていました。やはり梅雨のオフシーズンだからなんですかね。

f:id:milkytiny:20160605195317p:plain

 

いよいよ、離陸!!!!今日はA滑走路かしら~。ワクワクします!!

 

鹿児島を過ぎると、サンゴ礁の島がちらほら見えてきます。ただ、この日の空は少し霞んでいて、前回ほどの美しい青さは見られませんでした。

 

沖縄へ到着!アップグレードリベンジ!! 

沖縄へ到着!ドアを一歩出るとムワ~っと南国独特の蒸し暑い熱風が吹きこんできます。それもそのはず、この日の気温は30℃。真夏ですね…。

と、窓のむこうに夢ジェットを発見~~♪♪

 

機内で着陸後、帰りのプレミアムクラスの空席をチェックすると1席空いていました。次こそは、アップグレード成功なりますように!プレミアムチェックインへまたもやダッシュで向かいます!

 

その結果、アップグレードが成功しました!手続きをしている間は、緊張しましたが9000円を支払って無事プレミアムクラスへ変更。帰りの便は、777ではなく767。プレミアムクラスの席も10席しかないのです。正直かなり厳しい…と思っていたのですが無事成功して一安心。

また、前回の欠航で電話で本日の便を予約していたので手続きが未完了だったようで、チェックインも同時に手続きしてもらえました。

f:id:milkytiny:20160605201740p:plain

 

 

アップグレードについてのまとめ

アップグレードは運とタイミング!

空席待ちはダイヤモンドメンバーがいた場合には、ブロンズプラチナでも厳しい戦いになるので、できれば空席時にアップグレードすることが大切。

満席だと思っていても当日こまめにチェックしていると、意外に空席はあらわれるものです。そのタイミングを逃さず、カウンターで手続きすることが大事です。手続き中は、今回のようにタッチの差もあり得るのであとは、祈りましょう。。。

今回の体験で、コツがつかめたので今後も活用していきたいと思います。

  

 次回は沖縄観光編です。