読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はらぺこ女子の食べ歩き紀行

2016年ANAのSFC修行を解脱!飛行機大好き!食べること大好き!な女子による美味しく楽しい飛行機ライフ!

憧れの?!オホーツク紋別流氷タッチ体験記

以前、パラダイス山元さんの「飛行機の乗り方」を読んで、強烈に印象に残っていたオホーツク紋別流氷タッチ。一度体験してみたいという長年の夢をかなえましたので、そのお話。

f:id:milkytiny:20170223214827j:image

 

流氷タッチとは?

羽田からオホーツク紋別へタッチして帰ってくるという単純往復になります。

11:20 羽田→13:05 オホーツク紋別

13:45 オホーツク紋別→15:40 羽田

私は正直、オホーツク紋別空港なんていう空港があること自体、本を読むまで知りませんでした。オホーツク紋別空港の地図はこちらです。

f:id:milkytiny:20170224164521j:image

実は羽田便1便のみ運航しており、この1便が同一機材で折り返し運行をしているのです。オホーツクまでは、1時間45分のフライトで、オホーツクでの滞在時間は約40分というクレイジー、意味わからんフライトです。

このクレイジーフライトの見どころ、それは空から流氷が見られるというところ!もちろん、ガリンコ号も乗ってみたいのです。でも空からの流氷とか素敵すぎる~♡

勿論、泊まりたい気持ちもあったのですが、あいにく翌日の予定があったこととどうせならこのクレイジーフライトで飛んでみたいということでタッチを敢行することにしました。 

10:00 羽田空港

おなじみ、羽田空港です。空港では早めについて展望デッキでのんびりすることが好きです。展望デッキも良いのですが、展望フロアのこの大きなガラス窓から眺める飛行機も大好きです。 

f:id:milkytiny:20170223214941j:image

 

今日も平常運航。天気もよし!

f:id:milkytiny:20170223214955j:image

 

時間が余ったので、ラウンジに立ち寄り、

f:id:milkytiny:20170224002104j:image

 

朝ごはんです。朝から何も食べてないのでお腹もペコペコー( ˙-˙ )

f:id:milkytiny:20170224002118j:image

 

 

11:20 オホーツク紋別空港へ向けて出発

ラウンジでぼーっとしてると搭乗時間に。

オホーツク紋別空港行きは、バス便。もちろん、OKIDOMEです!!興奮しますね!笑

f:id:milkytiny:20170223215041j:image

 

青い空に青い期待が映えるー!

今日はよろしくお願いします♡

f:id:milkytiny:20170223215107j:image

 

久々のプレミアムクラス。本日のGOZENです。おそらく空港では食べる時間がありません・・・。それを知ってか、蟹チラシでした。ちょっと北海道気分になってきました!

f:id:milkytiny:20170223215155j:image

 

お昼からお空で飲むワインは最高ですね(笑)お水も補給と・・・。

f:id:milkytiny:20170223215219j:image

 

f:id:milkytiny:20170224002247j:image

 

気づけば眼下には雪景色が広がっています。

f:id:milkytiny:20170224163539j:image

 

そして、ほろ酔いのお隣のおじいちゃんから話しかけられ、 少しお話しました。地元で狩猟をやっている方だったみたいで、「旅行?」と聞かれたので、「・・・ハイ、そうですね」と答えました(笑)「美味しいカニとか食べていってね」と言われてしまい、40分で帰りますとは言えず…。。カニ食べたい衝動に駆られてこの時ばかりは若干タッチを後悔(笑)

おじちゃん、次回は泊まりでじっくり旅行に来るからね~!と心の中で誓ったのであります。

 

そして機内アナウンスが。

 

「みなさまの左手に流氷がご覧いただけます」

 

私の席は右手のK席!

 

思い切り反対やんけー!!!

旋回して着陸となったのです・・・。

これで流氷の写真が撮れなければ、ほとんど来た意味はありません。

 

下記の3つの厳しい条件を満たした時だけ、素晴らしい流氷ビューが見られるのです。

①流氷が紋別へ流れ着いていること

②天候が良いこと。視界が良いこと。

③流氷側の窓側に座っていること。

 

残すは帰りのチャンス一回のみ。

どうなる、私の流氷タッチ!?

 

13:15 オホーツク紋別空港着陸

羽田空港混雑の為、10分ほど遅れて着陸しました。遅れイコール紋別の滞在時間が減ることを意味します(出発も多少遅れることになりますが)

紋別は冬の北海道らしく、雪景色です。

f:id:milkytiny:20170223215339j:image

 

はじめてのオホーツク紋別空港。

てか、オホーツクってOKHOTSKって書くんだ!ということに驚き。地方空港らしく、小さな空港ですね。この羽田便だけのために営業しているのです。

f:id:milkytiny:20170223215402j:image

 

まずオホーツク紋別でのハイライトはこれこれ!飛行機のタラップから降りてあるいてターミナルへ渡ります。バスも何もありませんよ!間近で飛行機も見られるし、貴重な体験で大興奮ー(*^_^*)さすがに気温はマイナスなので寒いです~!

 

さぁ、40分の空港滞在ですが楽しみましょう。

f:id:milkytiny:20170223215600j:image

 

ターミナルビルへ入ると、小さな回転テーブルが。かわいらしいですね。

f:id:milkytiny:20170223215615j:image

 

手荷物受取を抜けるとすぐにロビーです。コンパクトな空港ですが、割と建物自体は新しく、きれいでした。

f:id:milkytiny:20170223215632j:image

 

可愛らしいアザラシがお出迎えでーす。

f:id:milkytiny:20170224163640j:image

 

 右手の階段を上がると展望デッキです!f:id:milkytiny:20170223215656j:image

 

雪景色の中にANA機がポツン。パラダイスさんの本にもこの風景はここでしか見られないと書いてありましたが、この風景は貴重ですね。また、雪景色にブルーノボディが映えるんですわ~。皆さん写真撮られていましたね。

f:id:milkytiny:20170223215430j:image

 

1Fにまた降りてきます。カフェオホーツクブルーなる、おしゃれなカフェが。メニューを拝見。海鮮丼ぶりや蟹なんかがあれば食べてみたかったですが、普通のカフェメニューでした。

f:id:milkytiny:20170224163810j:image

 

右手には、小さなお土産ショップ。主に北海道土産が販売されていました。

 

f:id:milkytiny:20170223215714j:image

 

空港の外にも出てみましょう。こちらも雪景色が広がっているだけで徒歩ではどこも行けなそうです。 

f:id:milkytiny:20170223215759j:image

 

そして、オホーツク紋別空港とかかれたクリオネのオブジェが。

勿論、私もこちらで写真をとってきました!

f:id:milkytiny:20170223215808j:image

 

帰りの飛行機は行きの到着遅れが響いて、10分遅れの13:55発となりました。保安検査場には13:40には入らないといけません。慌てて、先程のショップでお土産を買って待合室へ入りました。

f:id:milkytiny:20170223215822j:image

 

待合室は満席。

本当にこの羽田への1便のみです。

これが飛び立ったら空港は営業終了なのでしょう。

f:id:milkytiny:20170223215935j:image

 

13:55 オホーツク紋別から羽田へ

乗ってきた飛行機へ戻ります。次はA側の席を選択。乗務員はもちろん行きと同じメンバー。これも本に書いてあった通り、盛大なお出迎え?をしていただきました。

登場の際は「おかえりなさい!ずいぶんとお早いお戻りでしたね!!」

さらにお席にもまたいらっしゃって、「おかえりなさい!!」と2度も!!!笑

もう慣れたもんで、「またよろしくおねがいしまーす」と流せる余裕感。

 

窓側からグッバイウェーブ!!

本日、最初で最後の1便のお見送り。整備士さん全員がお見送りしてくださいます。ANAスタッフの方も、上着も着ずに手を振ってくださってました!!

グッバイウェーブ大好きなんですけど、こちらもなんだか胸が熱くなるものがあります!!また絶対にオホーツク紋別帰ってくるからね。またね!!と大きく手を振りました。

f:id:milkytiny:20170223215949j:image

 

どんより暗い曇り空。流氷は大丈夫でしょうか…。一抹の不安。

f:id:milkytiny:20170223220037j:image

 

そしてTAKE OFF!!!

すると上昇後1分もたたないくらいでしょうか。・・・りゅ、流氷ーーー!!

今度はA側の窓から綺麗にみられました!念願の流氷です。時間にしたら1分弱でしたが、その美しさは空の上からバッチリ目に焼き付けました。

f:id:milkytiny:20170223220015j:image

 

帰りはSABO。流氷が見られたので軽く祝杯を挙げ、軽食を頂きました。流石に行きの便でも食べて飲んでますので、お腹もいっぱい。

お菓子の方は自宅にお土産でもって帰ることに。

f:id:milkytiny:20170223215843j:image

 

今回ゲットしたお土産はコレ。割と北海道土産が多かったのですが、どうせなら紋別っぽい土産ということでこちらをチョイス。お酒にもあいそうですね^^

f:id:milkytiny:20170223220051j:image

 

そしてフライトログブックも記入してもらいましたー♪これまで三度ほど頼んだことがありますが、毎回素敵なログを描いてくださいます。

f:id:milkytiny:20170224185627j:image

 

まとめ

半分ネタ的な感じで実行してみたオホーツク紋別流氷タッチ。本当にラッキーなことに美しい流氷を空から眺めることが出来ました。オホーツク紋別空港はANAの羽田便が1便だけ、往路も復路も沖止め搭乗、紋別では雪景色の中歩いて空港ターミナルに降り立つという素敵な演出つき!オホーツク紋別空港も小さな空港ながら温かみがある素敵な空港です。そして外へ出て、ハァ、寒いねって白い息を吐きながら、何食わぬ顔で搭乗便に戻って、おかえりなさい!と満面の笑みでお出迎えされ、日が沈む前には羽田空港へ。午前中からちょっと外出してきます、と告げて誰も想像もせぬ北の果てにタッチするというエクストリームな体験が可能です。

もしくは、ノーマルプランで一泊してカニ食べてガリンコ号で大迫力の流氷体験というのも最高ですよね。今回、エクストリームなのは楽しかったですが、やはり次回はしっかりカニ食べて観光してみたいなと思いました(笑)

ですが、本そのままの内容を体験できて、すごく楽しかったです!最近は、パラダイスさんの影響でオホーツク紋別タッチする方も結構いるようです♪

是非、一度体験してみてはいかがでしょう。

 

パラダイス山元さんの流氷タッチの本はコチラ。飛行機好きなら面白く読めちゃいます^^ 流氷タッチ前には予習しておきましょう。