読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はらぺこ女子の食べ歩き紀行

2016年ANAのSFC修行を解脱!飛行機大好き!食べること大好き!な女子による美味しく楽しい飛行機ライフ!

【札幌グルメ】札幌の夜はシメパフェを食べよう! INITIAL&ペンギン堂編

北海道グルメと言えば、、、

カニ、イクラ、ジンギスカン、ラーメン、スープカレー、ザンギ、じゃがバター、などなどたくさんありますよね。どれもこれも美味しいものばかりで目移りしてしまいます!

もちろんご飯だけでなく北海道の美味しいミルクなんかを使ったデザートなんかも魅力の1つ。ご飯の後はやっぱり甘いスイーツも食べたいというあなたに必見の札幌シメパフェを今回はご紹介したいと思います。

f:id:milkytiny:20170314191625j:image

 

 目次

 

札幌シメパフェとは

パフェとは、 フランス語で「完全な」(parfait)の意(英語の「perfect」と同義)。卵黄や果物が入ったフローズンタイプのもので、完璧なデザートをめざして19世紀にフランスで考案されたと言われています。日本では、背の高いグラスに入ったアイスクリームやソフトクリームに、果物やチョコレート、生クリームなどを添えたアメリカンタイプのものが主流となっています。「シメパフェ」は、その名の通り、飲んだ後や食事をした後など、一日の最後を締めくくるパフェのことです。

sapporo-parfait.com

 

搾りたての牛乳で作られたソフトクリームとご当地フルーツを組み合わせた冷たくて甘いパフェで1日を締めくくる習慣は札幌市民の間でじじわ広がっているそう。この札幌の食文化を広めるべく、札幌市が街をあげてPRしているのがこのシメパフェ。締めというだけあって、夜中まで営業している店がほとんどなのが嬉しい。

札幌シメパフェのHPでは各お店のマップとパフェの種類なんかが紹介されています。シメパフェのみのお店、シメパフェと食事も一緒に食べられるお店などなどバラエティ豊か。詳細はHPをご覧ください。

 

 

 

早速シメパフェを食べにいってみた!

1. INITIAL

まずは初日、スープカレーを食べた後に立ち寄ったすすきの狸小路にあるINITIAL。

メニューを見て決めたというよりは、ホテルから近そうだったので、軽い感じで立ち寄りました。

 

 

新し目のビルのエレベーターを降りると何やら素敵空間が広がっていますー♡そして女子率99パーセント!そしてこの時間でもなかなか賑わっています。

f:id:milkytiny:20170314184708j:image

 

今回は1人で立ち寄ったので、手前の大きなテーブル席へアサインされました。店員さんから混み合っているのでパフェは少しお時間かかりますと言われましたが、ホテルもすぐ近くなので問題なし!

 

こちらがメニューです。

パフェとお酒!?なんだかテンション上がりますねー。パフェにプラス450円でグラスワインかスパークリングワインも付けられます。

f:id:milkytiny:20170314185054j:image

 

パフェメニュー。なにやら芸術的なパフェ達が勢揃いしていますー!

f:id:milkytiny:20170314185245j:image

 

うわー、どれも美味しそう。決められない!笑

f:id:milkytiny:20170314185406j:image

 

そしてカキ氷のメニューもあります。カキ氷も美味しそうだけど、、まずはパフェですよね。

f:id:milkytiny:20170314185448j:image

 

迷った末、一番最初のページのエキュルイユというパフェにしました。ワインにも合うと書いてあったので、スパークリングワインのセットにしてもらいました。

 

そして、やってきた!オサレー!!

中にはピスタチオのジェラートやチーズも入っていて甘くない大人のパフェです。

f:id:milkytiny:20170314185810j:image

 

上から見たパフェ。

上は栗ジェラートにかぼちゃのタルトも乗ってます。別皿でお皿を頂けるので食べるときは別皿に移して頂きます。

f:id:milkytiny:20170314185848j:image

 

パフェと言えば甘いっていうイメージがあったので、こんなお酒に合うオトナなパフェがあるとは驚き。紫蘇のお味もします。こちらのお店、お酒も充実してそうだったのでゆっくりお酒を飲みに来るのも良さそうです♪女性一人でも全然入りやすい!周りは女子トークに花が咲いていました(笑)初日から良いお店を見つけました。

f:id:milkytiny:20170314190430j:image

 

◆INITIAL

住所:北海道札幌市中央区南3条西5-36-1 F.DRESS五番街ビル 2F

電話: 011-211-0490

営業時間:18:00~翌02:00(不定休)

 

2. ペンギン堂

続いて訪れたのはペンギン堂。こちらもすすきのにお店があります。友人にオススメされたのでいってみることにしました。 

 

大通りを一本入るとお店があります。外観は暗いですが木造の素朴な建物です。

f:id:milkytiny:20170314190641j:image

 

外にはツララー!やっぱり北海道は寒いですねー。

f:id:milkytiny:20170314190754j:image

 

それでは店内へ。オススメは黒板に。

f:id:milkytiny:20170314191203j:image

 

店内は少し暗めで落ち着くほっこりした明かり。カウンターに通されました。ペンギン堂というだけあって、まずはペンギンさんたちがお出迎え~。

f:id:milkytiny:20170314190830j:image

 

あれ、ここにも?

f:id:milkytiny:20170314191003j:image

 

ここにもー!なんか可愛い。

f:id:milkytiny:20170314191017j:image

 

奥はテーブル席もあるようでした。なんだかすごく落ち着く雰囲気です。

f:id:milkytiny:20170314191047j:image

 

ではメニューを拝見。

暗くて見づらいですがパフェと飲み物のセットが1310円からとなっています。飲み物はアルコールでも大丈夫。かなりアルコールも種類豊富です。

こちらのパフェメニューは果物のソルベを使ったパフェのメニューが。

  • ヨーグルトのパルフェ(1020円)
  • グレープフルーツとメープルのパルフェ(1020円)
  • グレープフルーツと紅茶のパルフェ(1020円)
  • マンゴーとヨーグルトのパルフェ(920円)

f:id:milkytiny:20170314191131j:image

 

次のページはジェラートを使ったパルフェ。

  • チョコレートキャラメルパルフェ(920円)
  • モカ塩キャラメルパルフェ(920円)
  • モカチョコレートパルフェ(920円)
  • 紅茶とメープルのパルフェ(1020円)
  • 胡麻と白玉のパルフェ(920円)
  • お茶のパルフェ(1020円)

f:id:milkytiny:20170314191142j:image

 

パルフェだけでもこれだけの種類があります。さらにセットドリンクは紅茶からアルコールまで全32種類!決めるのにも一苦労です。そしてまた迷った末、マンゴーとヨーグルトのパルフェにグレープフルーツリキュールにしました。

 

パフェがくるまでドリンクでまったりー。

お洒落なカウンターでお酒飲むとかなんだか素敵~!

f:id:milkytiny:20170314191519j:image

 

写真は光で飛んでしまっていますが…。マンゴーとヨーグルトのパルフェ!

間にソフトクリームが入っていますので、溶けないうちに早めに頂くように説明がありました。マンゴーアイスと絡めながら食べると爽やかな甘さで美味しいです。

f:id:milkytiny:20170314191839j:image

こんな寒い札幌であったかいお部屋で食べるパフェは格別でした。また一人でフラッと行ってみたいお店です。

 

◆ペンギン堂

住所:北海道札幌市中央区南4条西1丁目6-1-左

電話:011-261-2320

営業時間:12:30~16:45(L.O) 19:00~翌2:30(L.O)

定休日:日曜

 

まとめ

巷で話題の札幌シメパフェ。

夕飯後など、夜中に入れるスイーツ店が沢山あるのも魅力ですし、お酒と一緒に楽しめるのが良かったです。また、今回は2店舗しか訪問していませんが、いずれもカフェのようなバーのようなお洒落空間で女性一人で立ち寄っても全然大丈夫な雰囲気でしたよ。やはりお店も女性率は高めです。

なかなか出張等なんかだと1人で2軒目、ちょっとお酒飲んだりするのもハードルが高いなと思っていましたが、こういったお店があると行動範囲が広がるなぁと思いました。

今後も札幌に行くことがあればシメパフェを極めていきたいと思います。 みなさんもご飯の後、甘いもの食べたくなってきたらシメパフェ試してみてくださいね。