はらぺこ女子の食べ歩き紀行

2016年ANAのSFC修行を解脱!飛行機大好き!食べること大好き!な女子による美味しく楽しい飛行機ライフ!

【子連れハワイ①】ANA/A380プレエコ バシネットで行く空の旅(旅の準備&往路編)

 

久々の更新です。5年ぶりにハワイに行ってきました。

当時はまだ独身で妹と二人旅でひたすら食べ歩きとショッピング三昧だったような気が。

そして今回のハワイは1歳の乳児連れ..。初めての子連れ海外、楽しみ半分、不安半分。

1番の不安要素はやっぱり飛行機でした。眠ってくれるのか、愚図らないか。

旅行前は色んな方のブログを読み漁り、参考にさせていただきました。

今回はいつもの旅行記に加えて子連れ目線でもお伝えできればと思います。

 

目次

旅の準備編

今回の旅は4泊6日。

*航空券

-ANAマイル発券(往路:プレエコ、復路:エコノミー)

- 息子は1歳なので座席は使用せず膝の上(大人の10%のマイルが必要)

※往路:プレミアムエコノミー。バシネット(ベビーベッド)を予約。

 -ANAのベビーベッドサイズは以下の通り。

  • サイズ:幅85cm・奥行45cm・高さ33cm
  • お子様の体重:10kgまで

息子の体重は10kg近く、身長も80cm弱あるので最初で最後の利用になりそうです。当日に体重測定など厳密なチェックはないようなので、ベビーベッドを使用する可能性がある場合は、とりあえず予約しておいた方が良いと思います。実際、子供が寝てくれるかどうかは当日使ってみないとわかりません。

また、プレエコのバシネット設置席は20列目の中央席の1箇所のみのようなので、航空券予約後は早めに電話でバシネット予約をとった方が良さそうです。この最前列は優先席となっていて普通のオンライン予約では指定できないので電話での予約が必要です。

f:id:milkytiny:20190929214740p:plain

 

*復路:エコノミー

復路はエコノミー席しか取れなかったので、エコノミーで。

そしてA380といえば、目玉のカウチシート!

子連れには良さそうってことで早速予約。

2名分の座席にプラス19000円で窓際3名座席を使用可能。つまり、1歳の息子の席を1席19000円で抑えられる。8時間膝の上から解放されるのであればこれは迷わず買い!

また、トイレも近いのも便利。あとは子供連れが多そうなので気が楽かなという点も今回選んだポイントです。

 

f:id:milkytiny:20190929220003p:plain


*宿:

今回は主人の福利厚生のコンドミニアムを利用。洗濯乾燥機、キッチンが使えるのがありがたい。また、リビングルームとベッドルームが分かれているため、子供の寝かしつけ後にも大人の時間が過ごせるのも良し。

 

*事前準備:

●パスポート:

息子はパスポートを持っていないので、パスポートを作成。

写真は履歴書カメラで自宅で撮影。とにかくキョロキョロ動くので白いシーツに仰向けにして撮影しました。まっすぐ前を見て撮影がこんなに大変だとは。笑

履歴書カメラ

履歴書カメラ

  • Recruit Co.,Ltd.
  • 写真/ビデオ
  • 無料

apps.apple.com

このアプリ、スマホで撮影してコンビニで写真プリントができる優れもの。

スマホなら何度でも撮り直し可能だし、写真プリントも安いのでオススメです。

 

●食事:

一番の不安は子供の食事。

まだ離乳食後期でご飯やパン、温野菜などはだいたい食べられるようになったのですが、基本味付けは薄味。大人の取り分けもまだ少しずつの段階なので、アメリカの食事はまだ味が濃いと思われます。とりあえず、日本からベビーフードを持参することに。但し、野菜や果物、肉、肉加工品のアメリカへの食品持ち込みは禁止。ところが市販のベビーフード、原材料をみると一見肉の入ってなさそうなシーフードドリアなんかも、「チキンエキス」なるものが入っているのです。これが曲者で、肉エキスを含まないベビーフード探しに時間を要しました。もちろん、コンドミニアムで現地調理は可能ですが、現地で食材が手に入らない、「食べない」となると大変なので念のため全食分のパウチのベビーフードは持ち込みました。

f:id:milkytiny:20190930000520j:image

あとはレンジ調理用のご飯、ベビー用のうどん、パスタ、調味料を持って行きました。

・果物類:持ち込み不可ですが好物のバナナなどの果物は現地で簡単に手に入ります。

・お菓子:愚図り対策用のお菓子(ボーロ、せんべい)も多めに持参。

・飲み物:基本は麦茶。麦茶ボトルを数本持参し、現地で足りなくなったらミネラルウォーターを購入、粉末麦茶で麦茶を作ることに。ジュースやスムージーも持参。

 

●ベビーカー:

日本から持っていくか、現地でレンタルか購入か、これもかなり迷った。

友人からは現地のベビーカーは汚れていたり、日よけが小さいものが多いから持参した方が良いという助言をもらっていました。確かにそうだなとも思いつつ、自分なりにベビーカー持参のメリットとデメリットをまとめるとこんな感じ。

 

*ベビーカー持参の場合

<メリット>

・慣れているベビーカーの方が子供も慣れていて昼寝しやすい。

・幌が大きく、日差しを遮ることができる

・空港ですぐに使える。

<デメリット>

・預け荷物での取扱が不安。

・空港まで荷物になるので空港宅配などが必須(スーツケース2個にベビーカーは2人で運ぶのは無理)

・大き目のベビーカーだとトロリー乗車の際は邪魔になる。

 

*ベビーカー購入、レンタルの場合

<メリット>

・空港までの荷物が少なくて済む!!

<デメリット>

・現地でレンタルや購入の手間がかかる。希望の形がレンタルできない可能性も。

・レンタル品の状態は借りて見ないとわからない。

 

そして我が家は、とにかく荷物を減らしたいということでベビーカーは持参せず。

事前調査でワイキキとアラモアナの楽天ラウンジでベビーカーレンタルサービス(1週間)があることがわかったので、そちらを利用。レンタルできなければ、ターゲットなどのスーパーで簡易式ベビーカーを購入することにしました。

ベビーカーについてはまた別記事で書きたいと思います。

www.rakuten-card.co.jp

 

・・・そんなこんなで子供の準備に1週間くらい時間を要しました。

 

 

いよいよ出発。夕刻、成田空港へ

子供をいつも通り、昼寝をさせてから電車で成田空港へ向かいます。

この日のフライトは20:10発。とにかく子連れだと何をするにも時間がかかるため、3時間前の17時過ぎには成田空港へ到着。久々の空港に胸が高鳴る!海外旅行は実に1年半ぶり。事前にANAウェブサイトでオンラインチェックインの手続き済みでしたが、乳児連れだからかカウンターのチェックインが必要だそうです。カウンターでは息子の体重を再度確認されました。もちろん、測定はありませんのでご安心を。

f:id:milkytiny:20190929213019j:plain

 

荷物を預けた後は空港でベビーカーを借りてWifiレンタルして、いざ出国。

f:id:milkytiny:20190930000623j:image

免税店もゆっくりみたいのは山々ですが、息子氏がお腹をすかせて不機嫌にならないよう、早めにANAラウンジへ向かいます。

 

f:id:milkytiny:20190930000657j:image

ANAラウンジに到着。

前回はSuiteラウンジを利用したので、成田のANAラウンジは初めて。夜便が多いのか結構込み合っていました。我々はすでに家でシャワーを浴びてきたので利用しませんでしたが、シャワーはかなりの待ちが出ていました。

 

とりあえず、子供がだんだん不機嫌になってきたので夕食を。

持参したレトルトのお弁当箱とバナナ、適当にラウンジで食べられそうな食べ物を調達。ラウンジ飯はサンドイッチ、うどん、パン、ヨーグルトあたりは食べられそう。

お弁当を食べさせようとすると、泣いて超絶不機嫌に・・・(((;꒪ꈊ꒪;)))  母焦る。

「これじゃない!!!!!」必死で弁当箱を拒絶!!

 

え、まじか!!

 

ここは必殺バナナ!!!

・・・あ、食べた。でも不機嫌そう。

 

試しにラウンジのサンドイッチをあげてみると食べる食べる。どんどん消える。

パンも食べる食べる。うどんも食べる食べる。

ヨーグルトもペロリ。ついでに持参したパンも食べる。

総じてものすごい量のパンを食べてようやく落ち着いた模様。

 

その間に旦那と交代でチキンカレーを急いでかきこみ出国の儀。。。

f:id:milkytiny:20190930000756j:image

こんなにラウンジでゆっくり食事ができなかったのは初めて・・・。

ラウンジで全然写真も取れませんでした(笑)

 

今回は赤ちゃん連れで事前改札を利用するため、早めにラウンジを後にしました。

息子の普段の就寝は20時前なので、もう普段なら眠りについている頃。流石に眠そうです。

よく夜間便で子供を眠らせるために昼寝をさせずにキッズパークなどで疲れさせる作戦を見かけます。子供の睡眠については私も少し勉強をしていたのですが、子供って疲れすぎると眠れないことがあるようです。息子も例外ではなく、昼寝ができないと余計にぐずって眠れなかったり、変にハイになってしまうこともあったり。これは個人的意見ですが、旅行でもできるだけいつも通りの生活、昼寝をさせてあげた方が良いように思います。

子の月齢によって起きて活動できる時間は大体決まっていて(息子は大体4時間ほど)、それを超えると寝ぐずりなどの睡眠トラブルが起きる可能性が高いためです。

(この辺りの睡眠の話は以下の本が参考になりましたので興味があればご参考に)

 

 

ついに搭乗

出発時刻40分前の19:30より事前搭乗開始です。2歳以下の赤ちゃん連れ、搭乗にお手伝いが必要な方は事前搭乗が可能です。赤ちゃん連れだと機内荷物整理に時間がかかるので我々も早めに搭乗です。事前搭乗はANAプレミアムメンバーよりも早く搭乗できるので、誰もいないガラガラの機内に入れるというメリットもありです!そしてハワイ便は本当に子供連れが多い!

f:id:milkytiny:20190930080731j:image

 

プレエコ は二階席です。

初の二階席にワクワク!
f:id:milkytiny:20190930080734j:image

 

いよいよA380に搭乗!

f:id:milkytiny:20190930080738j:image

 

誰もいない機内ー!!飛行機好きには堪らんやつです♬

前方はビジネスクラス。これだけの席数のビジネスクラスは圧巻ですね。座席が広い分、かなり通路が狭く感じました。荷物が多いので通路に引っかかる。。

f:id:milkytiny:20190930081026j:image

 

2階席後方はプレエコ。

<座席>

シートピッチは38インチで広々。全座席に肘掛、フットレスト付き。
f:id:milkytiny:20190930081040j:imagef:id:milkytiny:20190930081030j:image

 

<アメニティ>

座席の上にはアメニティ。スリッパ、枕、毛布などが入っていました(公式HPより)

f:id:milkytiny:20191001221330p:plain

 

あとこれはホノルル線限定だと思いますが、ポーチ付きのエコバッグ。

ハワイではショップ袋はもらえないので役に立ちそうですね。

f:id:milkytiny:20191001220814p:plain

 

そして我々はバシネット設置可能なプレエコ最前列へ。モニター下の穴にバシネット を設置します。最前列、さすがに足元広々!離着陸時は足元に荷物を置けないので最低限の荷物を手元に準備。事前搭乗は早く座席に着席できて余裕ができる一方で、子供によっては飛行機が動くまでの待機時間が長くなって飽きてしまう可能性があるので、事前搭乗するか最後に乗り込むかは子供の性格によって考えた方が良さそうです。
f:id:milkytiny:20190930081034j:image

息子はなんとか機内でもらったおもちゃで気をそらして、出発まではぐずらずに過ごせました。そしてなぜかCAさんにめっちゃ笑顔。笑

f:id:milkytiny:20190930224504j:image

 

バシネット

定刻通りに出発し、シートベルトサインが消えるとCAさんざバシネットを取り付けてくれます。ネジ穴三ヶ所止めるだけの本当に簡易式ベッドでした。

息子も眠そうなのでとりあえずバシネットに入れてみます。大きさもギリギリなのでほんとにジャストサイズ。寝返りは難しそうですが、狭いところが落ち着くのか意外と快適そうで横になってぼーっとしていました。

f:id:milkytiny:20190930224716j:image

 

ただネックなのが前方のモニター。ちょうど目線の先にモニターがあり、眩しいのか画像がきになるのか画面を見ていました。普段暗い部屋で寝かせているのでこの明かりで眠れないかなと不安に。。消灯も機内食提供後なのでまだ先になりそう...。

f:id:milkytiny:20190930224951j:image

 

すると9時過ぎ、もう限界だったのかスヤスヤ寝ているではありませんか!!!機内食提供前にあっけなく就寝したので、肩の荷がスーッと降りて親は機内食モードに。

 

機内食

はじめにベビーミールの提供がありました。

ボックスが可愛い♡

f:id:milkytiny:20190930225522j:image

 

中身はこちら。ホットミールはにんじんのお粥だったんですが、息子はドロドロのお粥はもう卒業していたので、起きていても食べなかったと思います。離乳食は進みが個人個人全然違うので、機内食用に離乳食持ち込みは必須です。

ボックスの中のヨーグルトは翌日の朝用に冷蔵庫で保管してもらいました。また、ベビーミールにはエジソンママのANAオリジナルフォーク&スプーンがついています。搭乗の記念になりますね。
f:id:milkytiny:20190930225526j:image

 

そして大人の食事。プレエコは食器での提供です。メニューはこちら。

・スモークダックとシリアルのサラダ 帆立貝のゼリー寄せ

・ソフトシェルクラブとエビのソテー 緑のラー油のスパイシーピラフ添え

f:id:milkytiny:20190930230038j:image

意外とピラフがスパイシーでお酒によく合いました。でも今回はワイン1杯だけで我慢。全体的に味も良かったと思います。

また、ホノルル線は路線限定ドリンクでブルーハワイも飲めますよ。(復路で頂きました)

 

機内サービスが一通り終わると翌日の軽食としてANA HAWAIIの袋がサーブされました。お好きなタイミングでお召し上がり下さいってことみたい。ハワイは夜間便なので、以降の機内サービスは最低限でという配慮なのでしょうか。それはありがたい。
f:id:milkytiny:20190930230034j:image

 

肝心の中身は・・・マフィンとポップコーン。

え?ポップコーンとマフィンだけ??これは夜のおやつなのか????

2回目の軽食って軽いサンドイッチとフルーツとかのイメージだったんですが。。

ハワイついたらみんな朝ごはん食べ行く設定なのかな。

うーん、機内食好きの私としては、正直ちょっとこの軽食はガッカリでした・・・。
f:id:milkytiny:20190930230031j:image

そして22時半頃、ようやく機内のライトが落とされました。

が、バシネット上のモニターはまだ点灯中。子供は寝ているから良いのですが、ハワイの風景の写真が繰り返し映されているだけで、眩しいのでこれは消灯のタイミングで消して欲しいなと思いました。深夜になってようやくこちらの画面も消えました。

 

でも息子は爆睡。たまに寝ぼけているか軽く泣くこともありましたが、トントンしてあげるかおしゃぶりでまた夢の中へ。そんな中、いつものごとく旦那は爆睡。私も軽く眠りましたがやっぱり熟睡とまでは行きませんでした。でも産後の寝不足を経験すれば全然余裕でした。とにかく息子が眠ってくれて本当に助かりました。周囲からも時より泣き声が聞こえましたが、深夜になる頃にはみんな寝てしまったのか静かになっていた気がします。
f:id:milkytiny:20190930224711j:image 

 今回は睡眠優先のため、結局往路は機内誌も読まずモニターも全く使用せずでした。

 

降機へ

そして機内のライトが明るくなり、着陸の準備が始まります。

ブツブツ言いながらも軽食のマフィンとポップコーンを食べました。

そしてほぼ定刻通りに飛行機はダニエルKイノウエ国際空港へ到着。

降機時のライトアップはレインボー。今回の旅はどんな旅になるのか楽しみです!とりあえずよく寝てくれた息子に感謝!

f:id:milkytiny:20190930230027j:plain

 

まとめ

初のA380。まず機体が新しくて快適!

プレミアムエコノミーも思った以上にゆったりとしていて快適に過ごせました。機内も全体的にハワイアンな雰囲気が漂っているので出発前からワクワクさせてくれる演出もよかったです。気づいた点はこんな感じ。

・大型機ゆえ収容人数も多いので、搭乗時刻が出発時刻の40分前!思ったよりも意外と時間がないので、空港には早めの到着が良い。搭乗口も遠いので要注意。

・人数に対してトイレの数が少ないという情報をネットで目にしていたので、不安を感じていましたが、プレエコでトイレに行列するようなことは殆どありませんでした。

 

<子連れ目線から>

• 体重10kg未満なら迷わずバシネットを予約!当日の体重測定は無いので多少のオーバーは大丈夫。運良く寝てくれれば親はゆっくり休めるし、寝てくれなくても荷物置きとして使えるので便利。

• プレエコは全席肘掛が上がらないので、バシネットではなく膝上で利用の場合は肘掛をあげて横になることができないので注意。その場合は肘掛の上がるエコノミーの方が良いかもしれません。

•離乳食期のお子さんの食事の準備は万全に。市販品には持ち込み禁止品(肉類など)が含まれているものが意外と多いので原材料をチェック(実際に現地でチェックは無かったが、見つかると没収や罰金もありうるので持ち込まない)。機内食の離乳食は合わない可能性大のため、食べ慣れた食材の持ち込みは必須。

 

いよいよハワイの旅スタート。旅行記続きます。

バスク名物チーズケーキを東京で! ガスタ@白金高輪

昨年、サンセバスチャンをはじめとするバスク地方に旅行に出かけてからというものの、また行きたい衝動に常に駆られています。

最近メディアでもバスクが頻繁に取り上げられるようになり、ますます、その思いは強くなるばかり。。

 

そして!今年、なんと!

トーキョーに!バスク名物のチーズケーキ専門店がオープンしたというではないですか!今年の夏にオープンしたのは知っていたのですが、先日ようやく訪問できたので今回は勝手に食レポします!

 

目次

 

バスク名物のチーズケーキとは?

昨年、サンセバスチャンに訪問した際に魅了された黒いチーズケーキ。バル街にあるラビーニャというチーズケーキ専門店のケーキです。見た目の真っ黒、大きさでインパクト大のそのチーズケーキは街の名物料理。

以前のブログで紹介していますが、その大きさと見た目とは裏腹にクリーミーで香ばしく、軽い食感が特徴。バルで散々食べ歩きした後でもペロリと食べられてしまいました。

 

サンセバスチャン・Lavina(ラビーニャ)

f:id:milkytiny:20170727233122j:plain

 

こちらが本店の黒いチーズケーキ。

f:id:milkytiny:20170727233227j:plain

 

 過去記事はこちら

www.harapeko-travel.com

 

 

バスクチーズケーキを東京で食す

そしてそんなバスクチーズケーキ専門店、GAZTA(ガスタ)が東京の白金高輪にこの夏オープンしています。この店名はバスク語でチーズを意味します。こちらでは秘伝のレシピを伝承しているとのことで期待が高まります。お店は白金高輪駅からもほど近く、このあたりはマルイチベーグル、ひき肉少年などなど注目のお店が密集しています。

 

そしてお店の外観はこちら。

f:id:milkytiny:20181225124928j:image

休日の雨の日だからなのか、特に行列はありませんでした。

 

店内は持ち帰り販売のみとなっており、焼きたてのチーズケーキがずらり。いい匂い。

f:id:milkytiny:20181225125033j:image

 

大きさは大と小の2種類。

小 700円(8cm)

大 4000円(15cm 6-8名用)

f:id:milkytiny:20181225125326j:image

 

この日はクリスマス前ということもあり、可愛くクリスマスデコレーションされてました。

そして大はプラス1000円の5000円で販売。

f:id:milkytiny:20181225125140j:image

小は700円。
f:id:milkytiny:20181225125136j:image

 

プラス100円で別売オーガニックハニーを付けてもらえますが、まずはそのままの風味味わいたいので今回はつけませんでした。こちらのお店では女性のパティシエが作っていらっしゃいます。店員の方の接客も丁寧で好感が持てました。

 

いざ、実食!

とりあえず、小を二つ購入してみました。チーズケーキは冷蔵で3日間の日持ちです。

f:id:milkytiny:20181225125712j:image

 

オープン!

f:id:milkytiny:20181225130157j:image
f:id:milkytiny:20181225130153j:image

カタカナのシール!ポップにみえますね。
f:id:milkytiny:20181225130150j:image

 

箱の側面には何やら文字が。。ドノスティア=サンセバスチャンくらいしかわからない。

f:id:milkytiny:20181225130413j:image

 

商品カードが入っています。

この答えが書いてありました。On engin は、バスク語でお召し上がりくださいって意味のようです。

f:id:milkytiny:20181225130302j:image

 

そしてチーズケーキがこちら。クリスマスデコレーションが可愛らしいですね。f:id:milkytiny:20181225130306j:image

 

さーて、いただきます!説明書きにも書いてありますが、冷蔵庫から出して室温に10分置いた後がオススメだそう。意外と1人前でもずっしり感があるので2人でシェアでも良さそう。

f:id:milkytiny:20181225130747j:image

 

半分にカットしてみました。中はしっとりクリーミー。ラビーニャのチーズケーキのように重たすぎず、しっとり軽い口どけ。そして表面の香ばしい香りが広がります。
f:id:milkytiny:20181225130750j:image

 

チーズケーキは甘さ控えめのため、スイーツとしてだけでなくワインなどのお供にも良さそうです!ラビーニャでは焼きたてアツアツのチーズケーキを頂いたので、単純に比較はできませんが、このしっとり感は本店の味が再現できているのではないかと感じました。またリピート購入しようと思います。

 

バスクまで行かなくても、気軽に都内で味わえるバスクチーズケーキ是非お試しあれ!

 

お店情報

店名:ガスタ

営業時間:9:00-19:00

定休日:月曜

住所:東京都港区白金1-14-10

電話:03-3440-7495

gazta.jp

 

【映画かぞくいろ】おれんじ鉄道食堂車乗車レポ

ブログ、かなーり久々更新です。

旅行記とかまだまだ更新してないネタがたくさんあるのですがね。ここ一年生活が大きく変わりました。少しずつ生活も落ち着きつつあるので、のらりくらり更新予定です。

 

目次

 

映画かぞくいろを見てきた 

さて、先日久々に子供を預けて映画を見て来ました。有村架純主演のかぞくいろ。

f:id:milkytiny:20181220134458j:image

大体のあらすじはこちら。

未亡人となった晶(有村架純)とその連れ子の駿也が夫の故郷の鹿児島でおれんじ鉄道の運転士の義父と暮らし始めます。そして晶は生活のため運転士を目指します。複雑な環境のため、家族関係は最初はなかなかうまくいかないのですが、色々な葛藤と衝突を経てだんだんと皆が心を開いていき、一つの家族になっていく心温まる物語。

 

なぜ、この映画を観に行ったかというと、祖父の住む、鹿児島県阿久根市近辺と鹿児島、熊本を結ぶおれんじ鉄道が舞台だからです。映画の舞台が見覚えのある場所がちょこちょこ出て来て懐かしく感じました。鹿児島弁もほっこり。ブログでもおれんじ鉄道は以前記事にしました。

 

www.harapeko-travel.com

 

 

そして映画の中でも登場する憧れの食堂車、おれんじ食堂朝食便にも乗車したので、久々レポしたいと思います。出発進行!

※昨年乗車のため、内容は少し変更があるかもしれませんので参考程度にどうぞ。

最新の運行情報と内容は以下のリンクをご参照ください。

おれんじ食堂 / 肥薩おれんじ鉄道

 

おれんじ食堂乗車レポ

今回の旅程

今回は出水〜新八代の朝食便を利用しました。所要時間は1時間44分。

※こちらは最新のスケジュールのため、筆者が乗車した際のスケジュールや停車駅は異なります。なお、現在朝食便のコース料理の提供は10名以上の予約からとなっているようです。ランチ、ディナー便は通常通り運行中です。

f:id:milkytiny:20181220141431j:image

外観

目が覚めるようなブルーの車体。これは目立ちます。お洒落!

f:id:milkytiny:20181220135450j:image

f:id:milkytiny:20181220141059j:image
f:id:milkytiny:20181220141102j:image

内観

車内も木の暖かさを感じます。ソファの柄も素敵。ソファ席は海の方を向いているので、海岸線では絶景がみられます。

f:id:milkytiny:20181220142120j:image
f:id:milkytiny:20181220142125j:image
f:id:milkytiny:20181220142111j:image

f:id:milkytiny:20181220145643j:image
f:id:milkytiny:20181220145636j:image

お子様は特等席!椅子が可愛らしい。
f:id:milkytiny:20181220145632j:image

 

九州にちなんだ可愛い調度品なんかも展示してありました。

f:id:milkytiny:20181220142500j:image
f:id:milkytiny:20181220142505j:image
f:id:milkytiny:20181220142512j:image
f:id:milkytiny:20181220142509j:image

 

こちらは薩摩切子。なかなか高価なんですよね。
f:id:milkytiny:20181220142114j:image
f:id:milkytiny:20181220142128j:image

朝食の内容

お楽しみの朝食内容です。

約1時間半の間にコース料理が供されます。これらは車内調理ではなく、各停車駅で順次積み込みされているそう。地元のレストランなどと協力して成り立っているという仕組み。もちろん材料も地元の食材を活かしたお料理になってます。どれも美味しかったです。映画にもこの食堂車が出て来ますが、食堂車のため揺れが少ないように運転されてるんだとか。

 

テーブルセッティング
f:id:milkytiny:20181220160742j:image

 

お料理のスタートです。

水俣産かぼちゃのポタージュ

f:id:milkytiny:20181220142747j:image

 

パン
f:id:milkytiny:20181220142751j:image

 

鹿児島県産地鶏のスクランブルエッグ
f:id:milkytiny:20181220142739j:image

 

熊本県産野菜サラダ
f:id:milkytiny:20181220142743j:image

 

水俣産季節野菜のラタトゥイユ

ソーセージ

f:id:milkytiny:20181220143026j:image

 

フランボワーズのムースとフルーツ
f:id:milkytiny:20181220142802j:image


コーヒー
f:id:milkytiny:20181220142755j:image

 

天気はイマイチでしたが、こんな絶景とともにいただく朝ごはんなんて贅沢すぎますね。

f:id:milkytiny:20181220143604j:image
f:id:milkytiny:20181220143022j:image

 

お楽しみは食事以外にも

食事して食べ終わったらハイ終わり、ではありませーん!途中駅下車ができるんです。もちろん、出発時間は決められてるのでバスツアーのような感じで何時にはまた車内に戻ってくださいというアナウンスがされます。

 

水俣駅

まずは水俣駅で下車。

f:id:milkytiny:20181220144038j:image

 

駅マルシェにてお土産のプレゼントがあります。

f:id:milkytiny:20181220161609j:image

 

そして水俣駅の駅舎も綺麗で素敵なのです。水戸岡鋭治デザインの駅舎は2015年にリニューアル。f:id:milkytiny:20181220144049j:image
f:id:milkytiny:20181220144055j:image
f:id:milkytiny:20181220144119j:image

 

やはり木が使われてると、ほっこり温かい感じがしていいですね。
f:id:milkytiny:20181220144100j:image

 

このカゴは何かしら。。あとで調べたら伝統漁具のイワシ籠というらしい。
f:id:milkytiny:20181220144105j:image 

 

待合室。
f:id:milkytiny:20181220144052j:image
f:id:milkytiny:20181220144042j:image

 

切符売り場。ブラックがまたシックな雰囲気を醸し出してます。
f:id:milkytiny:20181220144112j:image
f:id:milkytiny:20181220144045j:image
f:id:milkytiny:20181220144109j:image

 

日奈久温泉駅

続いて下車したのは日奈久温泉駅。

f:id:milkytiny:20181220145207j:image
f:id:milkytiny:20181220145217j:image

 

はまたまこちらは、なんともレトロ!お洒落駅舎も素敵ですが、昔ながらの駅舎も味があって良いです。
f:id:milkytiny:20181220145224j:image
f:id:milkytiny:20181220145214j:image

 

下車駅では駅マルシェとして地元のお土産を頂けます。また、欲しいものがあれば購入することも可能です!地域活性化にもなりますね。
f:id:milkytiny:20181220145221j:image

 

停車中は記念撮影ができるようにおれんじ食堂の看板も掲示されてます。
f:id:milkytiny:20181220145211j:image

 

そして駅出発の際は駅員の方や駅マルシェの方たちが手を振ってお見送りしてくれました。温かいサービスですね。このシーンは映画にも出てきました。

f:id:milkytiny:20181220164719j:image

 

お土産いろいろ

途中の駅マルシェで地元のお土産を色々もらえました。地元のお菓子屋さんの焼き菓子、い草のコースター、箸、オレンジジュース。

f:id:milkytiny:20181220145901j:image

乗車記念のキーホルダーもいただきました。

f:id:milkytiny:20181220161358j:image 

まとめ

映画を観に行ったら、久々に無性に乗りたくなったおれんじ鉄道。

劇中にもなんども登場するので映画を観たらあなたもきっと乗りたくなるはず?!(決して回し者ではありませんが、個人的に応援してますw)

ただ食事を黙々と食べるだけでなく、駅マルシェでの特産品購入やお土産、列車から景勝地の観光案内など鉄道の旅を通して鹿児島・熊本地域の食・人の魅力を存分に感じられるはずです。

ビューンと九州新幹線を使うのも良いですが、たまにはゆったり景色を眺めながら食堂列車の旅なんていかがでしょう。